麗しき天使達よ、、、

c0339900_09204956.jpg





初夏を思わせるような陽気の中、



大好きな流れへと、足を向けてみた。。。









c0339900_09244927.jpg





この日の天気予報では、気温が30℃近くまで上がる模様。


源頭域からの雪代で流れは増水し、白泡が目立つ。


当然、フライを長く留ませらるポイントは少なく、悪戦苦闘する。









c0339900_09292194.jpg





そんな中でも、緩くなった巻き返しから、元気なワンパクサイズが現れてくれた。。。


自分はココの流れの渓魚達が大好きだ。


色濃く雅な姿の彼等達が。。。











c0339900_09332574.jpg






そして、白絹の小滝へと、、、


落ち込みの右側岩盤沿いに、EHC14♯を流していると、


パシャッと2回ほどヤラカシてしまう自分。


それでも、大らかな子なのか?2回ほど流化物にライズを繰り返している。


フライサイズがマッチしてないのか?


それではと、フローティングニンフ風CDC16♯を流してみると、、、









c0339900_09410795.jpg






流れの麗しき天使。。。


いかにも南アルプス域で育まれた天然魚の姿。


この紫からオレンジ色のボディが堪らなく自分は好きだ。









c0339900_09442253.jpg









自分にとっては、麗しき天使。。。


この極採色が目に眩しい。









でも、環境破壊と乱獲により、、、


近年ではめっきり、その数を減らしてしまっている。


お願いだから、お持ち帰りの釣り人よ、


過度な持ち帰りは避けて欲しい。


こんなにも麗しき魚姿の天使たちを永遠に残しておきたいから。









c0339900_10021234.jpg





帰りの林道では、山桜が見ごろの時期を迎えていた。


この桜が散り、藤の花が咲く頃が渓流FFの最盛期かな。


その頃に、またココの流れを訪れてみよう。


流れの麗しき天使たちに再び出逢う為に。。。






by tattan1127 | 2018-04-21 21:18 | Fly Fishing18